先物取引とは何でしょうか。

さて皆様、ご機嫌いかがですか。

私は最高にご機嫌です。

何故なら今から記述する内容は私が最も興味のある金融に関しての記述だからです。

思えば金融のすごいところは金自体が金を生み出すと言った、まるで錬金術ともいえる事象に私は魅了されています。

そんな金融の中でも一際大きく稼げるのが先物取引です。

元々先物取引というのは、暴落による品物の価格低下を防ごうという、れっきとした人助けの理由から始まっているのです。

私の好きな、じゃが芋を例に上げて説明しますと、こうです。

悪天候を予測した人がいて、じゃが芋を大量に買いしめるとします。

買いしめるという言い方はへんですが、じゃが芋を現在の値段で大量に買うというものです。

売り手にしてみれば現在の値段で大量に買ってもらえるわけですから助かります。

ここからが先物取引の真骨頂です。

大量に買ったじゃが芋の販売権が悪天候のため、収穫されるじゃが芋の量が少なく、その価値が数倍にあがっていました。

という事は、普通の値段で仕入れたじゃが芋が数倍の値段で取引される訳ですから、数倍の儲けが手に入ったというわけです。

いかがですか、これが先物取引というものです。

じゃが芋が収穫される前に現在の値段で買い取るため、実際にはどう転がるか分からないのが特徴です。

未来を見通す力があれば億万長者にでもなれるのがこの取引の面白く恐ろしいところです。

さて、じつは先物取引にはダークなイメージがつきまとっているのをご存知でしょうか。

メディアが視聴者を集める為に、先物取引で破産しただの巨額の借金を背負ったなどと書かれてますが、大半の先物取引をしてる方はそうではありません。

何故なら、この取引にはちゃんとリスク回避の方法があるからなのです。

一つは分散というやり方で一つはコンピューター制御による自動取引システムです。

分散に関しては後ほど説明しますが、今回は自動取引システムに関して簡単に説明しましょう。

さて、先物取引には売りたて買いたてという仕組みがあり、丁度、株式の様に株が下がったら買う上がったら売るというようなことができるのです。

詳しくは後ほど説明致しますが、つまり暴落する兆しがみえたら先に買ったものを全て売ってしまい、リスクを最小限に食い止めることができるというわけです。

それをコンピューターが自動で判断してくれて売ってくれるので安心して取引する事ができるというわけです。

先物取引にオススメな会社をご紹介

そんなコンピューターシステムの事や取引についても上記のサイトにて紹介されていますのでご参照下さい。