今、先物取引はトレンドです。

のっけからありふれたタイトルで初めてしまいましたが、実は先物取引は株よりもリスクが少なく、儲けが多いのです。

それはなぜかといいますと、株式と違い先物取引はそう簡単に取引できないという仕組みがあります。

実は先物取引の準備というのが結構わずらわしいことが多く、その手順を踏んでいたら、いかにすぐヒートアップするギャンブラーも、だんだんと冷静さを取り戻せるわけです。

そしてハイリターンの儲けがあります。

先物は無いに等しいものを先に買うという裏技なので、下手したら資金がゼロでも儲けることができるのです。

逆にゼロに等しいからこそ借金に変身してしまうこともあります。

つまり、プラスがマイナスに転じたときの状態です。

しかしながら、普通に仕事していても経費などがかさむのが道理ではありませんか。

マイナスを経費だと考えればいいのです。

例えば信用取引も初めに借金する事が前提ですね。

そうしますと、レバレッジ効果を得ようと考えれば借金は必然的な事象と言えます。

つまり私が何を言いたいのかと言いますと初めにマイナス状態から入ることは大事なことなのです。

先物取引においては、初めにマイナスありきなのです。

私が研究の結果わかったことは、マイナスに入らなければ先物取引の真髄に触れることができないという結果でした。

先物取引には損切りという手法があります。

つまり暴落しそうになったら急いで持ってる権利を売るという手段です。

ただしこの損切りはタイミングがシビアでもう損したし二度と先物はやらないと決めた人には会得することができませんし、下がった末の逆転を見ることもないでしょう。

ある意味、先物は自分との戦いなのです。

損切りを踏ん張って、品物の価値が上がるのを待つのです。

いい品物は必ずや持ち直します。

これが株では味わえない醍醐味と言えるでしょう。

会社の価値でなく、物そのもので勝負できます。

もはやトレンドという言葉で片付けてはいけません。

これは一つの人生です。

一度めは上がると信じて放っておきましょう、無論、資産の50%以下で勝負してみるわけです。

半分以上は保険として持っておくべきです。

その際レバレッジ効果は最小限にしておくべきです。