先物取引とアセットアロケーション

今までの記述は、先物取引がいかにスリリングでエキサイティングであるかという事を、延々と語りましたが、今回は少し表現を変えて、本当に利益のでる先物取引の運用方法を説明します。

それはポートフォリオにおけるアセットアロケーションというものです。

ポートフォリオは資産運用整理を意味する言葉でその中のアセットアロケーションは振り分けという意味があります。

この振り分けはただの振り分けではありません。

損得をバランス的に考えて分配する方法のことなのです。

例えばじゃが芋を資産の半分買って、残りは林檎を買います。

実はこの作物で当たればでかいのは林檎です。

じゃが芋は悪天候やどんな土地でも育つ強さがあるので変動しにくいのです。

そういうわけですから、じゃがいもは比較的安定している品物で、林檎は天候に左右されやすい変動しやすい品物であるといえます。

先物のセオリーとしましては、不作になるほうが高く売れるのでありがたいのです。

逆に豊作になり林檎の値段が暴落したら、損します。

損してしまうこともあれば得してしまうこともあり、五分五分の勝負に全財産をかけるというのも馬鹿らしい話だと思いませんか。

そんなわけですから、資産の半分は安定している物を買い、もう半分で勝負するというわけです。

これがアセットアロケーションというものです。

先物取引においては、分散して購入することがもっとも望ましい取引の仕方だと言えるでしょう。

いかがですか、先物取引というのは一点集中しては危険を回避する事が難しくなりますので、このアセットアロケーションが便利です。

このアセットアロケーションは先物取引だけではなく、債券や株式にも対応しており、様々な利益を複合的に考えた、まさにポートフォリオの基本的理念なのです。

どうですか皆様。

早速今日からアセットアロケーションの理念に基づいて先物を初めてみるというのは、手続きが面倒なのは失敗しないためだと割り切ってじっくり準備して下さい。

今の時代、ただ預金をしているだけでは、とてもやっていくことはできません。

資産運用で、明るい第二の人生の備えをしましょう。

その為の先物アセットアロケーションなのですから。